ソラレポ

難しそうなサムゲタン。でもこれなら簡単!

きっとほとんどの方が難しいと思っているでしょうね。サムゲタンを作るのって。

いろんな材料を揃えて、何時間もかけてようやく完成!みたいな。

確かにお店で食べるような鶏丸ごと使うサムゲタンは時間がかかります。丸ごと買うのも、抵抗が・・・><

でもね、ちょっと考えてほしい。

今のような化学薬品がない時代は、食べものを薬の代わりにしていたんですよ。

葛根湯がその例。「葛根」という植物の根っこを「湯」に入れて飲んでカゼを治すとか。

 

薬膳は宮廷などで食べられていた料理ですが、庶民にも広く愛されるようになった伝統的な家庭料理です。なので、各家庭でアレンジされていします。まるでキムチのように^^

やっぱり、家で作れるものが一番!と思って、「家庭版サムゲタン」教室を作りました。

毎回、大好評のサムゲタン。

鶏の手羽先や手羽元を使えば、家庭でも作れますよ。あとは、松の実、ナツメ、クコの実、生姜、にんにくなど、身体がポカポカになる食材を使うだけ。

冷え性で悩んでいるなら、早く食べてほしい一品です。

 

サムゲタンの魅力は、すべての食材に意味があること。

例えば「ナツメ」

世界三大美人のひとり楊貴妃が毎日食べていたといわれるナツメは、平性の食材です。温める食材ばかりではバランスに偏りがでます。なので、真ん中=平性の食材も大切。胃腸の調子を整え、体力回復にいい。落ち込みやイライラ、不眠などの改善に漢方薬でも多用されているもののひとつです。

スーパーの中華食材コーナー、カルディ、富澤商店、ジュピター、北野エース、デパ地下、漢方薬局などで手に入ります。

アマゾンでもね^^「紅ナツメ」は色が濃いのが特徴。

 

© 2021 naoko-ogata Powered by AFFINGER5