アレンジ編 魚料理

真鯛の切り身でアクアパッツァ

小鯛を三枚におろして「アクアパッツァ」を作った魚のさばき方教室。身の薄い小鯛でも、うま味がしっかり味わえる絶品料理で大好評でした。

今回は、身の分厚い「真鯛の切り身」を使ったアクアパッツァの作り方を紹介します。

真鯛は大きい魚なので、家庭でさばくのはちょっと難しい。。。というか、たぶん無理かなと。でも切り身なら、料理初心者でも難なく作れますよ。

真鯛の切り身でアクアパッツァ

スタジオソラ 魚さばき
材料(2人分)

・真鯛の切り身(養殖もの) 2切れ

・その他の材料は教室レッスンと同じです。

作り方

① 食品トレーから取り出した切り身は、水気をしっかり取る。【これは魚に限らず、いつも説明していることです。習慣にしていますか?】

② 切り身の両面に塩をふり、皮目から入れて両面を強火で焼く。皮目に焼き色をつける。【焼くときは焼き縮みを防ぐために、あの!?調理道具を使ってくださいね】

スタジオソラ 魚さばき

スタジオソラ 魚さばき

太い骨がありますので、食べるときは注意しましょう。

③ あとの工程はレッスンと同じ

身が分厚いため、しっかり火を通してしまいがちですが、表面に焼き色がつくくらいでOKです。

 

小鯛に比べ、メチャメチャ身が分厚い真鯛の切り身。食べごたえもうま味もメチャメチャあります。(値段もいいしね)

普段使いにはなかなかできなくても、何かのご褒美とかお祝いとか、おもてなしとかに、た~まにならいいかも(^^♪

ちなみに今回の真鯛は養殖ものですが、天然ものでも作り方は同じです。

スタジオソラ 魚さばき

ぜひチャレンジを!

作レポもお待ちしていま~す(^^♪

 

これもおススメ

スタジオソラ 魚さばき
小鯛で鯛めし

魚のさばき方教室では、小鯛を三枚におろして、一枚を「湯引き」という調理法で手まり寿司を作りました。 もう一枚と頭は、たった3粒のアサリ、野菜といっしょに「アクアパッツァ」を。アクアパッツァを自分で作る ...

続きを見る

© 2021 naoko-ogata Powered by AFFINGER5