ソラレポ

健康的な体を作る調理実習

今、たくさん話題になっているSDGs(持続可能な開発目標)のひとつ。

「すべての人に健康と福祉を」という目標に向かって、いろんな勉強をしているという、仙台高校の一年生たち。

 

今日は、健康的な体を作る食事体験(調理実習)でした。

コロナで高校の調理室は使用できないらしく、エルパークでの開催です。懐かしい~エルパーク!

私が提案したのは、現代版の一汁三菜。

それから、維持可能な社会のためには、やっぱり食品ロス削減は欠かせないテーマなので、野菜の切り方や野菜を使いきるおかず、だし殻のふりかけなどなど。調味料も計量スプーンでムダなくね^^

コロナ禍のため入学して初の調理実習だったみたいです。

様子を見ていると、手際のいい生徒がいますね~。きっと普段から手伝いをしてるのかなと思いました。といっても、別に手伝わないのがダメではないけどね。グループ共同で調理実習なんて、普段はできませんから、貴重な経験になったかと思います。

片づけ中に、ある男子生徒がひとりごとを言っていました。

「食器を洗うとか、ごはん作るのって、大変なんだなぁ・・・」と。そうそう、世のお母さんたちは、君たちのために毎日毎日、ごはんを用意して、作って、片づけしているんですよ。少~し、尊敬とか感謝の気持ちが出てくれるとうれしいですね。

そしていつか「お母さん、今日はオレ、ワタシが作るよ!」みたいな(笑) カッコイイ料理男子、カワイイ料理女子になってほしいと思います。

みんなお疲れ様でした~^^

© 2021 naoko-ogata Powered by AFFINGER5